女性ホルモンが多い人は毛がすくない?

びっくり仰天!抜毛に嬉しい献立がいるなんて信じられますか?

誠に、起こる・・・というと思い違いを招いてしまうので、「どういう地なの?」っていう?を解消していきたいと思います。

厳密に言うと、抜毛に嬉しい献立を食べるとヘアーが抜け落ちるとかいうことではなく、長期的にバランスよく腹ごしらえで「抑ヘアー影響」が期待できる料理があるんです。

献立を食べて抜毛できるなら、毛髪とかも抜けちゃいますよね(^^;

どういうことかというと、体毛の生えヒューマンはホルモンに影響されます。

なので、このホルモンが重要になってくるわけですが、更に「性ホルモン」が重要になってきます。

ホルモンというパーソンは、全身で分泌されるわけで、健康を見つける要素ですが、血液や肉と同じように料理から取り込まれた栄養分で作られます。

その時に「紳士ホルモン」が多くなると体毛が濃くなり、「女房ホルモン」が増加すれば体毛は薄くなるのです。

女房の全身でも、ホルモン割合の狂いなどで紳士ホルモンが増加したり、女房ホルモンが少なくなったりすることがあります。
ダイエットやプレッシャー、食べ物の狂いが原因で女房ホルモンが減少する女性は少なくありません。
パフォーマンス、体毛が加わる、濃くなるなど「体の紳士化」が生まれることもあるんです。

でも、女房ホルモンが少なくなってしまったら、献立で補給することができます。
女房ホルモンに似た働きをする栄養分を摂ることで、体のホルモン割合を整え、紳士化した健康を元に戻すことができるのです。

だから、バランスのいいランチタイムが大事なんですね。

抑ヘアー効果のある料理

では、まさにどんな献立がムダ毛を薄くする効果があるかというと、女房ホルモンという観点で言えば、大豆品や豆乳は抑ヘアー影響料理の旗手ですね。
大豆や大豆製品に含まれるイソフラボンは女房ホルモンによく似た作用をし、全身で少なくなってしまった女房ホルモンの仲立ちをしてくれます。

豆乳ローションが抑ヘアーに素晴らしいなどとよく言いますが、体の内側からも効果があるということですね。

また、他にはGI甲斐(炭水化物が修得されて糖に変化する速さを相対的に現す値)の酷い料理がおすすめです。
例えば玄米、ひじき、ホウレンソウといった料理たちになります。

GI甲斐が高ければ良いほど、その料理は体内の血糖甲斐を上げてしまいます。
血糖甲斐が上がるとインシュリンが山盛り分泌され、紳士ホルモンの分泌が促されてしまうんです。
パフォーマンス、全身で紳士ホルモンが目立ち、体毛も濃くなって仕舞うというわけです。

GI甲斐のおっきい料理は炭水化物を多数取り込む物や、糖度の厳しいものが多くなっています。
特に手軽に食べられる菓子パンや、イモたぐい、砂糖は要注意です。
毎日慌ただしいからとついついツボをのばしてしまいがちな料理ですが、ひょっとしたらそれがムダ毛を増やす原因になっているかもしれないんです。

抑ヘアー効果のある献立を上手に取り入れて、キレイモに通えば、より影響が高まりそうですね(^^)
脱毛ラボ 池袋店